keyboard_arrow_right
ブログ

朝の肌状態:乾燥でちりめんジワ・少し脂浮き(30代・女性)

ここ5年ほど、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯で軽く洗い流すのみということを続けています。きっかけになったのは乾燥ニキビがひどくなったことで、ネットなどで色々な情報を調べてみたところ、洗顔のしすぎが原因の一つになるということを知ったからです。それまでは、洗浄力の強い固形の石鹸を使用して朝の洗顔をしていました。気分もスッキリして汚れがよく落ちたという実感はあるものの、洗い上がりがかなり突っ張る感じがあって、その後のスキンケアの吸収やメイクのノリも良くないと感じていました。ぬるま湯のみの洗顔に変えることで、乾燥が落ち着き、乾燥による毛穴の詰まりやニキビの改善にもなるのではないかという期待を持って始めました。

ぬるま湯洗顔に変えてすぐに気がついたことは、朝のメイクのノリが良くなったことです。それまでは肌にがさつきやゴワツキ、細かな皮むけなどがあったため、ファンデーションやスポンジが肌に引っかかるような感覚が常にありました。ところが、ぬるま湯洗顔を始めた後は肌の表面がなめらかになったような感じで、メイクもスーッと滑るように馴染むのでビックリしました。こんな単純なことでこんなに肌感が大きく変わるのかと、目からウロコという気持ちでした。寒い季節などはお湯+石鹸で洗顔していたため、水で洗うよりもさらに皮脂を取りすぎて乾燥がひどくなっていたようです。ぬるま湯洗顔だと、肌が本来持つ潤いの膜を残す気がして、乾燥を感じることが減りました。

今まで何年も朝のぬるま湯洗顔を続けていて、デメリットに感じたことは一つもありません。洗顔料を買うための余計な出費もいらず、洗顔料を洗い流すのに必要な水道代も節約でき、肌の乾燥も治まってきて言うことなしという感じです。ただ、朝はしっかり洗顔すると気分がスッキリするのは確かですし、夜のうちの汚れを取り去らないと気持ちが悪い、と感じる人も多くいるかもしれません。私も最初のうちはそうで、寝ている間の皮脂やホコリなどの汚れをしっかり落とさずに、さらにその上からメイクをするだなんて、ニキビが余計悪化してしまうのでは?と不安になりました。けれど今は、自分の肌状態の改善を目の当たりにするにつけ、思いきってぬるま湯洗顔に変えて大正解だったと思っています。

ブログ

朝の肌状態:夏少しベタベタ・冬は普通(41歳・女性)

丁度1年前位の冬から始めました。それまでは、夜使っていたメイクも落とせる洗顔料をそのまま朝にも使用したり、普通のクリーム洗顔料にしてみたり、他にも石けん洗顔を試しましたが、朝顔が突っ張るような気がして、化粧水や乳液クリームを付けても潤いがすぐに浸透するのが感じられず、また時間をおいてもそれから化粧下地が綺麗にのっていかず、手間と時間をかけているのにもかかわらず、納得できる仕上がりになりませんでした。特に冬の乾燥の季節には顕著にそれが感じられ、ある日ネットの掲示板で朝に洗顔料を使わない人のページを見つけ、結構みんな朝に洗顔料をつかわないのかも知れない、と思い実行してみることにしました。朝の忙しい時間を短縮できることと、潤いが逃げていかなければ問題ないなと思っていました。

朝の顔の突っ張りは軽減されました。ただ、夏の汗をかくほど熱い夜の翌朝は気持ち悪いので、そのときだけは洗顔料を使いました。特に目の周りの乾燥・小じわが化粧をしてもあまり気にならないようになったと感じます。顔の脂分が残っているせいか、洗ったときよりも化粧水や乳液クリームののりが良く、化粧下地も断然スムーズに顔にのるきがします。もちろん朝の時間も短縮され、今まで乳液を塗ってから20分ほどたってから下地をぬっていたのを10分たたないうちに次の作業へ移ることが可能になりました。と言うのは,潤いが残っている分化粧水等の量を減らしても良くなったので、少量にすることによって肌が落ち着く時間も短くなったのかもしれません。

朝の洗顔が楽になったと言っても、やはり寝ている間に溜まっている汚れや脂がぬるま湯洗顔たけで綺麗に落ちているはずはないだろうと考えています。(特に吹き出物が出たり、顔がくすんだりすると感じることはありませんが。)また、毎日繰り返しているとその汚れが溜まって肌が硬くなっていくかも知れないので、3日おきに拭き取り化粧水を使用したり,夜時間のある時にスチーマーを利用したり、お風呂に入るときはお湯につかって肌の汚れを外にだすことを意識的に実行するようにしました。メイクは、ファンデーションをクリーム形を使うとすぐ午前中のうちにテカテカしてくるようになってしまったので、固形のファンデーションを使うようにして丁度よくなりました。