keyboard_arrow_right
ブログ

朝の肌状態:カサカサで汚れなし(30代前半・女性)

朝のぬるま湯洗顔はもう10年ほど続けています。続けているというよりは、朝時間がなく洗顔料を泡立てる時間が無かったので必然的にぬるま湯洗顔になっていったというのが本音です。ですので、始めたきっかけやぬるま湯洗顔に期待していた事というのは特にないのですが…

私は洗顔料にこだわりがあるタイプなので、ぬるま湯洗顔をする前は市販の洗顔料は使っておらず、エステサロン専売品を使用していました。やはりサロンでは洗顔は朝晩するべきだと教えられるのですが、美容院などで読む雑誌やインターネットでスキンケア方法を検索した時に「ぬるま湯洗顔がおすすめ」だと目にしたことは何度かあったので、ぬるま湯洗顔をする事に抵抗はありませんでした。

ぬるま湯洗顔に変えてからはとにかく朝のスキンケアの時間が短縮されました。いちいち洗顔料を泡立てて、モコモコの泡で顔を洗って、泡をしっかりすすいで…と洗顔するだけで結構な時間を要していたんだと気づきました。

私は洗顔料にこだわりがあるタイプなので、正直なところ洗顔料を使って洗顔していた頃の方が乾燥知らずだったのではないかと思います。ですが、ドラッグストアやスーパーなど市販の洗顔料を使用している方はぬるま湯洗顔にした方が乾燥しないと思います。また、洗顔後のすすぎが十分でなく、泡が顔周りに残っていたのか、髪の生え際にポツポツとニキビのようなものが出来る事もありましたが、それも減ったように感じています。

ぬるま湯洗顔にするデメリットは、やはり余計に乾燥する気がするというところです。ですが、それは今まで保湿成分の高い洗顔料を使っていたという事だけで、市販の洗顔料ではそこまでデメリットにはならないのではないかと思います。

ただ、春夏は朝起きたら汗をかいていたり、皮脂でベタついていたりするので、そういった時期にぬるま湯洗顔だけではかなり物足りなく感じます。洗顔後も十分に汚れが落ちておらず、これなら洗顔する意味がないのでは?と思うぐらいです。その点を除けば、すすぎ不足でその後のスキンケアの浸透を邪魔するという事もなく、ズボラな私にとってはメリットの方が多かったと思います。春夏だけは朝の洗顔料を使いたくなりますが、その他の季節ではぬるま湯洗顔だけで十分でした。

【解説】皮脂量で朝の洗顔料使用を変えよう

こちらの女性は、夏場だとぬるま湯に物足りなさを感じてしまうようです。

ただそれはほとんど、これまでの洗顔後の仕上がりの癖が残っているからです。大概は十分洗えていますし、この方は洗顔料を使わないことで乾燥が抑えられていると思われます。

もし、ここで洗顔料を使っていると、30代ならまだ皮脂量が増大する可能性がります。いわゆるインナードライ肌になってしまうということです。インナードライ肌は洗顔のやり方しだいで改善もするし悪化もする症状です。

他の人も皮脂量で悩んでいる人が少ないのが分かりますよね。これ、朝も洗顔料でガッツリだとかなりの確率でインナードライ肌になっていますよ。

インナードライ肌と洗顔の関係

ブログ

朝の肌状態:カサカサ・小鼻ベタベタ(20代・女性)

朝のぬるま湯洗顔を始めたのは数年前、20代中頃からだったと思います。それまでは洗顔フォームを使っており、ぬるま湯ではなく水で洗顔をしていました。ぬるま湯洗顔を始めたのは、ニキビが増えてきたことがきっかけでした。ニキビが増えてきたのでもっとしっかり朝の洗顔をしたほうが良いのだろうかと思ってインターネットで調べてみると、自分の思惑とは別の答えが記載されているページを発見したのです。朝はホコリや皮脂程度の軽い汚れなので石鹸を使う必要はなく、ぬるま湯だけでも汚れを落とすことができる、そして皮脂も程よく落ちやすい、といった内容だったと思います。皮脂が程よく落ちるということはニキビなどの肌トラブルを防止する効果が期待できるのかもしれませんし、肌の乾燥を極力抑えることにも繋がるかもしれません。そう思い、それ以来なるべくぬるま湯を使って洗顔するようにしています。

ぬるま湯洗顔に変えてから肌が乾燥しづらくなったように思います。洗顔以外にも工夫した点がいくつかあるので、すべてがぬるま湯洗顔のおかげというわけではありませんが、ニキビの量もかなり減少しました。ぬるま湯洗顔に変えてよかったのは朝の洗顔が非常に楽になったことです。以前までは洗顔料を泡立てそれで顔を洗っていたわけですが、洗顔料というものは意外と泡立てるのに時間がかかります。そしてそれを洗い流すのもまた結構な手間なのです。我が家はシャワーになるタイプの洗面台ですが服を着ているので直接顔に水をかけるわけにはいきませんから、なんとも煩わしいものでした。いまでは何もつかっていないため洗顔料が残る心配もありません。この点は本当にすっきりして時短になったなと思います。

朝のぬるま湯洗顔で感じるデメリットは特にありません。強いて言えば、たまに適当に洗いすぎて小鼻のベタつきが落としきれていないことがあるといった点でしょうか。しかしそれもあぶらとり紙などを使えばすぐに解決できるため、そこまで駄目だと感じることはないでしょう。洗顔後につける化粧水の浸透力にも特に影響はないように思いますし、メイクも問題なくすることが可能です。勿論温度や洗顔後の保湿など気をつける点もありますが、それらをきちんと守っていれば、朝に洗顔料を使う必要はないかなと思っています。

ブログ

朝の肌状態:部分的にカサベタ(39歳・女性)

ぬるま湯洗顔を始めたのは、2か月ほど前からです。それまでは、花王の固形石鹸や、ソフティモの洗顔料などで洗顔していましたが、テレビで朝の洗顔について放送していて、ぬるま湯で洗顔をすると必要以上に皮脂を落としすぎず乾燥対策になり、石鹸を使わなくても十分汚れは落ちるとのことだったので、もともと乾燥肌体質の私は石鹸いらずならお金もかからずラッキーと思い切り替えました。

まずびっくりしたのが、朝の洗顔時に顔をこするとツルン!としていまいた!これはきっと、今までより潤っているからなんだろうと思ったので、やはり今までは洗い過ぎてもともと乾燥体質なところ、余計乾燥して肌がざらついていたのだろうと感じました。優しく洗っているだけでも皮脂が落ちていってるのもわかるので、こすりすぎないように意識しながら洗顔しています。ズボラ体質な私には洗顔料を使わないだけでもありがたいです。

お湯は暑すぎると皮脂が落ちすぎてしまうので、寒いからといって38度くらいで洗うのがいいと思います。ぬるま湯洗顔に切り替えてから、化粧水をすると、すごく馴染んでいる気がします。やはり、洗い過ぎてガサガサした肌よりも、ある程度しっとりした肌の状態のほうが水分の浸透率が高いと感じました。とはいっても、乾燥型なので、夕方にはミストの化粧水など、化粧をした上からかけていますが、ぬるま湯洗顔前よりも確実に夕方の化粧水をする機会が減りました!

ブログ

朝の肌状態:さらさらで肌の弾力なし(43歳・女性)

若い頃からずっと朝と夜と一日2回しっとりタイプの比較的安めの洗顔料を使ってネットで泡立ててから洗顔していました。ただ10年位前に花粉症のせいかもしれませんが、肌がピリピリして粉を吹く状態になりました。かゆみもすごく化粧水を敏感肌用に変えたり、洗顔料を変えたりしましたが肌の調子はあまり改善されませんでした。その後ニキビや毛穴も目立ち始めたので、30代になって肌質が変わったのかもしれないと考えていた時に洗顔料の泡の洗い残しが肌のトラブルになると聞いて洗顔方法を変えてみることにしました。夜のお風呂に入る時は比較的きっちりとすすぎができるので、時間が無く洗い残しが起こりそうな朝だけ洗顔料を使わずぬるま水で洗うようにしました。はじめの頃は水で洗っていましたが、なかなか脂が取れないような気がしてぬるま湯に変えました。朝の洗顔の時間が減ることと泡の洗い残しがなくなることを期待して始めました。

基本的に化粧水や乳液でカバーするというケアは変わりませんが、洗顔料を使わない為、すすぎを念入りにしなくて良いので気持ち的にすごく楽になりました。また泡が無いので肌の調子も手のひらから直接感じることが出来るというメリットもあります。脂っぽい時は脂っぽさが取れるまで確認しながら洗えるし、経済的な面では洗顔料の減りも今までの半分になり節約にもなりました。肌の調子の変化はしっとりして乾燥が少なくなったためか毛穴が目立たなくなりました。またこの方法に変えてからニキビなどの肌トラブルが本当にありません。肌に関しては褒められることが多いです。やはり過剰に肌の脂をおとしすぎたり、洗い残しの泡は肌に悪いんだなと実感しています。

実際肌の汚れが見えないので本当にきれいになっているかということを考えると少し不安になります。また顔ダニなどの事を考えると洗顔料をきちんと使った方がきれいで清潔なのではないかと感じます。大きなデメリットはありませんが洗顔料やせっけんを使っていないので洗顔してタオルで顔を拭くときに汚いまま拭いたというように感じ罪悪感が少しあります。いくつか不安に感じることはありますがその中でも一番デメリットに感じるのは匂いです。以前使っていた洗顔料は良い香りがして洗った後もしばらくその匂いが続き癒されていたので無臭だと少し気分が上がりません。また人が近くに来た時にもしかして顔から脂っぽい匂いがするのではないかと心配になる時もあります。その他はまったくデメリットを感じません。

ブログ

朝の肌状態:全体的にカサカサ(20歳・女性)

ぬるま湯洗顔を使い始めたのは、中学生に上がったことからです。小学生の時は皮膚の状態がいいとか悪いとかはわからず、まだ皮膚も発育段階でしたのであまりスキンケアというものを気にしたことがありませんでした。中学に入学してからは周りの女の子たちが一気に女子力に目覚めだしたことが気になり、自分もなにかスキンケアを始めなければと思い、洗顔や化粧水を気に掛けるようになりました。小学校の時は化粧水は付けずに洗顔料だけで朝も過ごしていましたが、中学に入ってからは洗顔と化粧水を欠かさず行うようになりました。ただそこから肌が荒れてきたのは事実でした。夜に洗顔をして、また朝にも洗顔をして、中学生だった私は油分が多い肌だったのでそれが気になって朝はこれでもかというくらい洗顔をこすって朝起きた時の顔の油分を落としていました。まさにそれが原因でニキビや吹き出物が増えたり、周りからも顔が赤くなったねと言われてしまいました。中学生といえど女の子なのでやはり肌のことを何か言われるとつらくなります。その時に見つけたのがぬるま湯洗顔でした。

ぬるま湯洗顔に変えてからは正直油分も落ちないですし、朝に洗顔をしないとなんだかすっきりもしないので、最初のうちはぬるま湯洗顔に不安を感じていました。ぬるま湯だけで本当にいいのだろうか、朝もこんなべたべたな顔で学校に行くのが嫌だな、部活でさらに汗をかいてしまうのに洗顔をしなかったらもっとニキビが増えてしまう、など中学生なりにいろいろと考えてしまっていました。半信半疑で2週間ほどぬるまゆ洗顔を実施しました。2週間してやっと気づいたことがあって、ニキビが格段になくなっていました。朝洗顔でゴシゴシ顔を洗っていた時は洗いすぎて顔の油分を落とし切り、そこに化粧水をしていて、老廃物がたまってしまったのではないかと思ったのですが、ぬるま湯にしてからはニキビが気になってはいたものの、2週間たった時にはニキビは目立たないほどになっていたのを後に気付きました。

正直、私が当初感じていたことだったのですが、朝すっきりしたいがために洗顔をしていたのでぬるま湯洗顔に変えた時はすっきりせず、またぬるま湯だったので朝の眠気もなかなか引きませんでした。それを考えると朝すっきりしたい人、特にスキンケアにはこだわってない人は洗顔料を使う方がいいのかもしれません。ただ、私みたいに朝べたつきや、逆に最近の私のようにかさつきがある人にはスキンケアをするのが第一だと思いますので、そう考えるとぬるま湯洗顔はおすすめです。暖かいので肌が洗った後もヒリヒリせずちょうどいいです。駄目だと感じているところはありませんがぬるま湯洗顔専用の洗顔料があるとなおいいのかなとも思います。最近は敏感肌用などの洗顔も出出来ていた李、朝専用の洗顔料もあって洗顔料自体の開発が進んでいるので洗顔料を使ってみてもいいのかなとも思います。

ブログ

朝の肌状態:全体的にかさついていてベタツキはなし(42歳・女性)

7年ほど前から朝はぬるま湯のみの洗顔をするようになりました。それまでは朝の洗顔も夜の洗顔に使用するパウダータイプの洗顔料を泡立て洗顔していましたが乾燥肌用の洗顔料を使用しても朝の洗顔後の肌が乾いてツッパリが治まらず美容サイトやネットでの情報を参考に元々乾燥肌で皮脂がとても少なかったので思い切って朝ははぬるま湯のみで洗顔することにしました。いつも利用しているアットコスメや美用ブロガーさんの朝はぬるま湯洗顔のみの方が多く少しでも肌の乾燥、ツッパリを抑えられればと思い始めましたがぬるま湯洗顔のみでも肌がべたついたりニキビができることもなくむしろ皮脂の状態が丁度良く洗顔後に肌のツッパリを感じることも無くなったのでファンデーションのノリも良くなりました。

朝の洗顔をぬるま湯洗顔に変えてから変わったことは肌の乾燥やかさつきを感じなくなったので朝のスキンケアに時間を取られることがなくなり時短美容でもしっかりと肌を保湿できるようになりました。朝は時間がなく忙しいので洗顔料を泡立てて洗顔ししっかりと洗い流してからスキンケアを始めるだけでも時間がかなりかかっていたのをぬるま湯で洗顔してすぐにスキンケアを行うことができるので時間に無駄がなくより丁寧に保湿できるようになったのでファンデーションがムラになったり厚塗りになることがなくなりました。肌の状態もかさつきやツッパリがないので急いで保湿しなくても十分に肌を保湿する時間があり洗顔料の使用量が半分になったこともうれしい事でした。

ぬるま湯洗顔のデメリットは感じていませんが夏の暑い日に朝起きたときにすでに汗をかいているような時には洗顔料を使用して洗顔することもあり自分の肌の状態を見ながらぬるま湯洗顔をするのか洗顔料で洗顔するのかを決めてもいいと思います。ニキビや吹き出物ができてしまっている時は朝もぬるま湯洗顔でなく洗顔料をつかって洗顔するなどしているので絶対に洗顔料を使用する、ぬるま湯洗顔のみと決めてしまわずにその日の朝の肌の状態を見てどの洗顔をするのかを決めるのが一番だと思います。ぬるま湯洗顔にしてから明らかに肌のかさつきやツッパリは抑えられるようになり夕方になってもファンデーションが粉を吹いて崩れるようなこともなくなったので重度の乾燥肌の私にとってぬるま湯洗顔はこれ以上ない最適な洗顔方法だと思っています。

ブログ

朝の肌状態:夏場だけTゾーンが脂っぽい(41歳・女性)

約10ヶ月前くらいに、冬場に目尻小じわが増えたのと、肌理が粗くなっていて笑うと顔全体に細かいシワがよることに気付きショックを受けました。化粧水を保湿重視のものにしてもあまり改善しなかったので、洗顔方法を変えてみようと思いました。それまでは泡で出てくる無添加の洗顔石鹸フォームを使っていました。泡洗顔がカサカサの原因?という記事などを読んだりするなかで、年齢と共に洗いすぎもよくないと感じてぬるま湯を洗顔始めました。乾燥が治まって、小じわが目立たなくなることを期待して取り組みました。

最初始めたのは冬場だったので、調子よく過ごせました。小じわの改善とまではいきませんでしたが乾燥も治まってきたのを感じ、特に夕方に酷くなると感じていた乾燥が良くなったので、やはり朝の泡洗顔は40代には負担になっていたのだと思いました。若い頃はニキビができてしまう肌質だったため、石鹸を使わないことで吹き出物ができてしまうのでは?と少し心配でしたが、特に肌荒れもなく問題なくぬるま湯洗顔に切り替えることができました。

子育て中のため時短は期待したのですが、ぬるま湯だけで洗うため、丁寧にしなくてはいけないという気持ちが働き、あまりその効果はありませんでした。またぬるま湯洗顔で乾燥は良くなったのですが、夏場は少し脂浮きが気にになるようになりました。脂浮きが目立つと肌がくすんだように見えてくるので、それがデメリットでした。たまには石鹸でさっぱり洗いたいという気持ちになりましたが、それでまた乾燥してしまうと意味がないと思い、ぬるま湯洗顔の後にピーリング化粧水を使うようにしました。そうすると脂浮き、くすみは気にならずに夏場も乗り切れました。ピーリング化粧水と保湿用の化粧水を両方使っているので、結局朝ぬるま湯洗顔をすることで化粧品代が高くなってしまいましたが、年齢的にも乾燥は大敵なので、許容範囲の出費だとは思っています。

ブログ

朝の肌状態:口周りや目元がカサカサして汚れなし(30代・女性)

一年ぐらい前に半年間、ぬるま湯洗顔をしていたことがあります。ぬるま湯洗顔をする前は低刺激のクレイ洗顔料を使っていましたが、ニキビには効果がなかったんですよね。ぬるま湯洗顔がニキビに効果があると知ったので試してみることにしたんです。洗顔料を使わないので肌がキレイになるのだろうかと不安はありましたが、ぬるま湯だと洗顔料を使うよりも肌への負担がかからないと思いますし、ニキビができなくなるかなと期待をしてやり始めました。洗顔料を使うとしっかりと汚れは落ちますが、それと同時に余分な皮脂まで落としてしまい肌にダメージを与えてしまうと聞きました。不安はありましたがまずは試してみないとニキビに効果があるかないかわからないと思い、前向きな気持ちでぬるま湯洗顔をやってみることにしました。

ぬるま湯洗顔をする時に気をつけるのは温度ですよね。熱いのは良くないと知ったので30度ぐらいにしました。30度あれば汚れが落ちるそうなんですよね。やり方はとても簡単で、20回前後パシャパシャと顔にぬるま湯をかけるだけです。ゴシゴシしたりしません。優しくすすぐようにしました。ぬるま湯洗顔をするようになったらニキビが減りました。ニキビができてもすぐに消えるようになり、毛穴の開きにも効果があることがわかったんです。毛穴が閉じて顔のたるみが気にならなくなりました。すぐにではないのですが三ヶ月後には肌がしっとりして潤うようになり、朝起きたらスベスベして乾燥しなくなったので驚きました。いちご鼻も気になっていたのですがキレイになりました。

デメリットはあまり感じませんでしたが、ちょっと残念なのが短期間で肌に効果がでないところですね。すぐに効果を感じるものではなくて、二ヶ月ぐらいは試してみないとわからないと思います。低刺激の洗顔料を使っていた時に比べて、ぬるま湯洗顔のほうが肌に良いなと私は感じました。ある日毛穴がとても小さくなっていてたるみが解消されていることに気づいたんです。嬉しかったです。ニキビの数が段々減ってきてカサカサ乾燥しなくなりました。ぬるま湯洗顔をしている時には、肌に優しいオーガニックコスメを使用していたのですが、洗顔料を使用しなくても肌へスイスイと浸透していきましたし問題ありませんでした。嬉しい効果は色々あり、肌がとてもしっとり潤ってもちもちするようになったこともそうです。口元が乾燥しなくなってほうれい線が少し目立たなくなりました。