keyboard_arrow_right
keyboard_arrow_right
朝の肌状態:さらさらで肌の弾力なし(43歳・女性)
ブログ

朝の肌状態:さらさらで肌の弾力なし(43歳・女性)

若い頃からずっと朝と夜と一日2回しっとりタイプの比較的安めの洗顔料を使ってネットで泡立ててから洗顔していました。ただ10年位前に花粉症のせいかもしれませんが、肌がピリピリして粉を吹く状態になりました。かゆみもすごく化粧水を敏感肌用に変えたり、洗顔料を変えたりしましたが肌の調子はあまり改善されませんでした。その後ニキビや毛穴も目立ち始めたので、30代になって肌質が変わったのかもしれないと考えていた時に洗顔料の泡の洗い残しが肌のトラブルになると聞いて洗顔方法を変えてみることにしました。夜のお風呂に入る時は比較的きっちりとすすぎができるので、時間が無く洗い残しが起こりそうな朝だけ洗顔料を使わずぬるま水で洗うようにしました。はじめの頃は水で洗っていましたが、なかなか脂が取れないような気がしてぬるま湯に変えました。朝の洗顔の時間が減ることと泡の洗い残しがなくなることを期待して始めました。

基本的に化粧水や乳液でカバーするというケアは変わりませんが、洗顔料を使わない為、すすぎを念入りにしなくて良いので気持ち的にすごく楽になりました。また泡が無いので肌の調子も手のひらから直接感じることが出来るというメリットもあります。脂っぽい時は脂っぽさが取れるまで確認しながら洗えるし、経済的な面では洗顔料の減りも今までの半分になり節約にもなりました。肌の調子の変化はしっとりして乾燥が少なくなったためか毛穴が目立たなくなりました。またこの方法に変えてからニキビなどの肌トラブルが本当にありません。肌に関しては褒められることが多いです。やはり過剰に肌の脂をおとしすぎたり、洗い残しの泡は肌に悪いんだなと実感しています。

実際肌の汚れが見えないので本当にきれいになっているかということを考えると少し不安になります。また顔ダニなどの事を考えると洗顔料をきちんと使った方がきれいで清潔なのではないかと感じます。大きなデメリットはありませんが洗顔料やせっけんを使っていないので洗顔してタオルで顔を拭くときに汚いまま拭いたというように感じ罪悪感が少しあります。いくつか不安に感じることはありますがその中でも一番デメリットに感じるのは匂いです。以前使っていた洗顔料は良い香りがして洗った後もしばらくその匂いが続き癒されていたので無臭だと少し気分が上がりません。また人が近くに来た時にもしかして顔から脂っぽい匂いがするのではないかと心配になる時もあります。その他はまったくデメリットを感じません。